真説・妄言流語
写真を撮って、文章を書いて、好きなことをのんびりと。 写真につきましては禁無断転載でお願いします。
いつでも里親募集中
PROFILE
Nenoved
  • Nenoved
  • 所属:アトリエムナサワギ
    どっこい生きてるシャツの中
  • RSS1.0
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ARCHIVES
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
SEARCH
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
沖縄一日目

20060814192750.jpg



前日の夜中に那覇に到着。
急遽同行することになったセクメのYは予想通りの遅刻。飛行機には間に合ってよかったねw
那覇についてみれば、既に公共機関の運転は終了していた。けれどtomo-aicanadaがわざわざ空港まで迎えに来てくれた。半年振りくらいの再会。
仕事は忙しそうではあるが、それでも元気そうだったのが嬉しい。
今回は本当に

「とりあえず沖縄に行こう」

としか決めていなかったので完全にノープラン。

とりあえず出勤途中のtomoの車で首里駅まで連れて行ってもらい、そこから首里城公園へ。
しかもガイドブックをtomoの家に置き忘れる。
そんな僕らがどんな一日目を過ごしたのか?!

以下箇条書き

玉陵

20060814191544.jpg



お墓です。
併設している資料館が非常にわかりやすかったです。
中には入れないのですが、雰囲気がとても好きです。
「洗骨」という風習にとても興味を持ちました。


・首里城公園

20060814191601.jpg



無料地域がとても広く、お金を払わないでも、結構楽しめます。
(スタッフの人もちゃんと民族衣装を着ていて雰囲気あります)
写真は歓会門

20060814191629.jpg



20060814191614.jpg



こちらは歓会門の両脇に構えるシーサ君。割と間抜け面。
この公園全体が800円とかなら納得なんだけど、首里城本殿だけなら少し割高な印象を持ちました。でもまぁ公園全体800円と考えるとそうでもないかなと思いました(言い方がくどい)。

20060814191642.jpg



雲がもくもく。

・龍潭

20060814192432.jpg



池のすぐほとりを歩けるようになっていてそこがもうワンダーランド!!
面白い空間!!

あまり管理されていないのか木々が道を覆って、異空間を形成してました。
水鳥と亀と猫と鯉がうようよ。
しかも人が近くに来てもぜんぜん逃げないの。変な場所だったー。
夜とか、女性一人とかだとちょっと不気味過ぎるので通らないほうがいいように思うけれど、不思議な区域でした。

・ぶくぶく茶

20060814192452.jpg



香りが素敵。
ぶくぶく茶屋 嘉例山房というところでいただきました。

のどの渇きは癒せないかなぁ。。。


・金城町石畳

20060814192523.jpg



かつて首里城に仕えていた役人の通勤路と聞いた(ようやるわ)。
高校の修学旅行の時に自分がここで写真を撮った!という場所があって、それが、在りし日のままだったのがなんだか嬉しかった。
ちなみにその時の撮影者は多分傘屋。

この頃は別に写真は趣味じゃなかったなぁ。

・大赤木

20060814201607.jpg



金城町石畳を少し脇に入ったところにありました。
日常のちょっした脇に、祈りの場、霊的な場が当たり前のようにあるということにひどく感動しました。
僕の印象では沖縄にはシャーマニズム的な祈りの場が今でも実際に必要とされていてかなりちゃんと機能しているように思います。
その種の場は少し畏れを抱いてしまうのと同時にとてもひきつけられます。

石畳・瑞盛館

20060814203951.jpg



民族資料館と泡盛資料館があったが、なんというか「えいや!」と置いてあるだけ、という印象。特に前者はコンセプトがまるでわからん。

後者は泡盛が試飲できるのは嬉しい。

お腹減ったのでここで昼食。
沖縄そばをいただきましたがおいしかったですよ。
(昼からビールは素敵!!)

ここで行く宛てのねたも尽きたしとお店の人にお勧めスポットを聞いてみたら「識名園」を教えてくれたのでそこに行くことにしました。
歩いて20分くらいといわれたのだけど目の前の坂とお天道様に負けてタクシーで捕まえて行きました。へたれですが何か?

識名園

20060814204005.jpg



沖縄に日差しは暑いけれど、木陰に入ると風がそよいで気持ちがいいということを実感。
この園にある展望台からの風景が首里城からの景観などと違って海が見えなかったので、何でだろうと思ったら、

「中国からの使者等に陸続きの風景を見せることで琉球が小さな島国ではなく大きな国土を持つちゃんとした国である事をアピールとして使われていた」

というような事が書かれていました。
なんという人間心理!政治的駆け引きのダイナミズム!!

なとどあまり本題と関係のないところで一人興奮しておりました。
政治の駆け引きって結構ぞくぞくするよね(別にしないか?)。

ここでは写生している人を多く見かけました。
そういえば、最近ちょっと絵とか描いてみたいなとかも思うようになってきました。
昔から絵は字同様に下手です。。。。だから自分でもそういう気持ちが湧き上がってきていることが少し意外。

園内の建物から庭園をぼへらーっと眺めた後で今度は国際通りに行く事にしました。時刻表見たらすぐ来きそうだったので待ってみたら


予定時刻になっても来ない。。。。

来ねぇよ。

と10分以上余計に待って、ようやくバスが来て「国際通り行きますか?」と聞いたら「反対方向のに乗りなさい」といわれたので
慌てて、道路を渡り、すぐ来た反対方向のバスに乗りました。
バスの来るタイミングが逆じゃなくて本当に良かったー。
バスでうとうとしている内に牧志という駅に着いたのでそこで降りて国際通りへ!

20060814204018.jpg


こちらは国際通りから一本入った平和通りの風景(多分)
観光客がたくさんいるにもかかわらずすごく日常感がでてて、良いです。

国際通りでは去年に続いて今年も地球雑貨というお店でTシャツを買いました。
こうしてだんだんと行きつけのお店とかできるのかな?
(って沖縄じゃ遠すぎだけどね)

夜は仕事が終わったtomoと3人で山猫屋で食べました。
2軒目で例のごとく僕は寝てしまいました。

一日歩き回って酒飲むとだめですな。なはは。


蛇足としての雑感
この日は那覇市内近辺を散策したのだけど、史跡のほとんどが再現だったり新たに作られたものだったりしました。
というのも沖縄戦がそれら史跡のことごとくを破壊してしまったからなのです。沖縄戦でなんと那覇市の9割が破壊されたそうです(どういう統計に基づくのかは知りませんが)戦争の罪深さをそんなところからも感じました。
作り上げるには何年もかかるのに破壊は本当に一瞬だ。



撮影場所
文中に記入あり。
(ただし一番上のは首里城公園)
使用カメラ
GX8
スポンサーサイト

【2006/08/11 14:18】 日々 | TRACKBACK(2) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
<<沖縄二日目 | BLOG TOP | memo>>
この記事に対するコメント
おおー
2枚目の玉陵の写真、なんか不思議!
4枚目のシーサー、いいね~~
【2006/08/14 21:09】 URL | へのじ #- [ 編集 ]
コメントどうも~!
>へのじ

さんきゅ!
シーサ可愛いよね。てか頼りがいはあまりなさそうだけど、、、w
【2006/08/14 22:57】 URL | nenoved #btrZBFkY [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://nenoved.blog21.fc2.com/tb.php/695-33ed9821


玉陵玉陵(たまうどぅん、玉御殿または霊御殿とも)は通常琉球、第二尚氏王朝第3代目の王、尚真(在位・1477年 - 1526年)が父、尚円王を葬るために建築した陵墓をさす。所在地は沖縄県那覇市首里金城町。世界遺産のひとつで沖縄最大の破風墓。なお「玉陵」と名付く墓所は
観光地に行ってみて【2007/07/27 16:33】
識名園識名園(しきなえん)は沖縄県にある琉球庭園の一つ。識名の御殿(しちなぬうどぅん)とも、また首里の南にあることから南苑(なんえん)とも呼ばれた。造園は琉球の尚氏王朝、尚穆(在位・1752年 - 1795年)の時代に始まったと言われるが定かではない。完成は尚温の
美ら沖縄【2007/09/29 19:27】
このページの先頭へ

最近読んだ本36


木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか




森山中教習所 (ビッグコミックス)




大長編ドラえもん (Vol.13) (てんとう虫コミックス)




大長編ドラえもん (Vol.12) (てんとう虫コミックス)




中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史




Father




大長編ドラえもん (Vol.10) (てんとう虫コミックス)




大長編ドラえもん (Vol.14) (てんとう虫コミックス)




大長編ドラえもん (Vol.15) (てんとう虫コミックス)




大長編ドラえもん (Vol.16) (てんとう虫コミックス)




のぼうの城




潮風に流れる歌 (徳間書店)




悪人




ヨルムンガンド 11 (サンデーGXコミックス)




雨無村役場産業課兼観光係 1 (フラワーコミックス)




昭和元禄落語心中(4) (KCx ITAN)




赦す人






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。