真説・妄言流語
写真を撮って、文章を書いて、好きなことをのんびりと。 写真につきましては禁無断転載でお願いします。
いつでも里親募集中
PROFILE
Nenoved
  • Nenoved
  • 所属:アトリエムナサワギ
    どっこい生きてるシャツの中
  • RSS1.0
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ARCHIVES
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
SEARCH
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
とはいうものの
20060517214147.jpg


両親とはムクの治療を巡っていくらかの見解の相違を見せ、なんども衝突をしてはいるものの、親の気持ちも分かる部分もある。
ムクは19歳位まで病院に1回しか行ったことがなかった。その1回にしても避妊手術でムクの体調がどうとかそういうものではなかった。
しかし去年1回肝臓がおかしくなって病院に連れて行き、そして今年はもう既に10回はくだらない。
これらの病気の直接的な原因を挙げていけば色々あるのだろうけれど、根本的な原因は明らかだ。ムクはもうおばあちゃんなのだ。
だからどんなに治療したって完全に治る事はないのだ。
それはわかる。
日中家にいない僕と違ってほぼ毎日家にいて、実質ムクとユマの世話をしている親にしてみればその老いをひしひしと感じている違いないと思う。

けどね。
今はまだ生きているのよ。この子は。

だからまだ、もういなくなった後の話とかしないでよ。
もしかしたら後数ヶ月とかも知れないけれど、できる限りの事をしようよ。

どんな形で死を迎えようとも「死」は「死」で変わりないし、死んでしまったらそこでオシマイだ。
確かにその通りだ。それは僕の考えでもある。
そうなんだけど、そうなんだけど、、、、

「けど」、、、 その逆接の先がまだ見つからない。

最近猫の話ばっかりですみません。
現在、頭の中の9割がそれで埋まってしまってます故。
スポンサーサイト

【2005/08/25 21:41】 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<零れ落ちてしまったもの。 | BLOG TOP | >>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://nenoved.blog21.fc2.com/tb.php/602-e78426b4


このページの先頭へ

最近読んだ本36


木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか




森山中教習所 (ビッグコミックス)




大長編ドラえもん (Vol.13) (てんとう虫コミックス)




大長編ドラえもん (Vol.12) (てんとう虫コミックス)




中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史




Father




大長編ドラえもん (Vol.10) (てんとう虫コミックス)




大長編ドラえもん (Vol.14) (てんとう虫コミックス)




大長編ドラえもん (Vol.15) (てんとう虫コミックス)




大長編ドラえもん (Vol.16) (てんとう虫コミックス)




のぼうの城




潮風に流れる歌 (徳間書店)




悪人




ヨルムンガンド 11 (サンデーGXコミックス)




雨無村役場産業課兼観光係 1 (フラワーコミックス)




昭和元禄落語心中(4) (KCx ITAN)




赦す人






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。