真説・妄言流語
写真を撮って、文章を書いて、好きなことをのんびりと。 写真につきましては禁無断転載でお願いします。
いつでも里親募集中
PROFILE
Nenoved
  • Nenoved
  • 所属:アトリエムナサワギ
    どっこい生きてるシャツの中
  • RSS1.0
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ARCHIVES
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
SEARCH
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
気遣いさんの来訪



夕方少し眠った。
ベッドの足元にふわふわとムクがいるような気がしていた。

目が覚めた時、電話があった事に気づく。
しばらくして、ちょっとした気遣いさんが家に近くまで来た。
僕は今は人にあまり会いたいと思ってなかったから、なんで来るんだろう。
って思っていたけれど、ちょっとした気遣いさんがすっと抱きしめてくれた時にダーっとまた泣いてしまった。
僕はちょっとした気遣いさんを駅まで送っていった。
二人とも無言で、手をつなぎながら。

その帰り道。見知らぬ猫が僕を見ながら
「こっちきて!こっちきて!」
と先導するからついていったら路地に入ってゴロン。

思わず笑ってしまった。
それを見ていたら、あぁムクは今「万物となって僕に満ちているね。」と思った。
その猫にもムクはいるし、万物に満ちているからその一部は生まれ変わって僕に縁するかもしれない。
道々、今度その猫に会ったらムクの話をしてあげようと思った。

静かな秋の夜でした。

追記
写真は家の近くのクリーニング屋の看板娘。最近家の周りには本当に黒猫が多い。きっと皆ユマの親戚なんだろうな。
スポンサーサイト

【2005/09/10 23:34】 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<君がいない | BLOG TOP | 想像のつかなかった現実>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://nenoved.blog21.fc2.com/tb.php/60-2572286b


このページの先頭へ

最近読んだ本36


木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか




森山中教習所 (ビッグコミックス)




大長編ドラえもん (Vol.13) (てんとう虫コミックス)




大長編ドラえもん (Vol.12) (てんとう虫コミックス)




中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史




Father




大長編ドラえもん (Vol.10) (てんとう虫コミックス)




大長編ドラえもん (Vol.14) (てんとう虫コミックス)




大長編ドラえもん (Vol.15) (てんとう虫コミックス)




大長編ドラえもん (Vol.16) (てんとう虫コミックス)




のぼうの城




潮風に流れる歌 (徳間書店)




悪人




ヨルムンガンド 11 (サンデーGXコミックス)




雨無村役場産業課兼観光係 1 (フラワーコミックス)




昭和元禄落語心中(4) (KCx ITAN)




赦す人






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。