真説・妄言流語
写真を撮って、文章を書いて、好きなことをのんびりと。 写真につきましては禁無断転載でお願いします。
いつでも里親募集中
PROFILE
Nenoved
  • Nenoved
  • 所属:アトリエムナサワギ
    どっこい生きてるシャツの中
  • RSS1.0
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ARCHIVES
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
SEARCH
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
新旧都 元旦決戦!
天皇杯優勝!

元旦と言えば皆さん何を思い浮かべますか?
おせち?
お雑煮?
初詣?
ニューイヤー駅伝?

そうでしょうそうでしょう。そうだと思います。
けれど元旦には日本一熱い戦いが毎年行われているのです。
その名も天皇杯
今年で91回にもなる伝統ある大会の決勝戦が毎年元旦に行われているのです。
そんな伝統ある大会についにわれらがFC東京がクラブ史上初めて決勝まで駒を進める事ができました(ついでにJ2チーム同士の決勝戦も天皇杯史上初)。
東京史上初の天皇杯決勝というメモリアルな試合を数々の幸運とタイミングがかちりと噛み合い元旦決戦を生で観る事ができました(その節は浦和サポのとめさん本当にありがとうございました)。

決勝戦だけあってゴール裏は試合開始前から大盛り上がり

東京側


※12はサポーターナンバー

京都側
京都側

※京都は2003年に天皇杯タイトルホルダー

開始前から東京の応援団が京都サポーターをおちょくったりしていたり、1億円!1億円!と騒いでいたりと(天皇杯の優勝賞金が1億円)どこかリラックスして楽しんでいる感じの試合開始前でした。

肝心の試合はお互いに攻め合う展開で観ていて一番面白い展開でした。
京都が先制したらすぐに東京が取り返すような展開で試合に夢中になっていたのですが、前半途中に起きた地震は競技場の高いところ(聖火台付近)にいたせいもあるのか家で感じるよりも揺れを大きく長く感じたのもあってかなり怖かったです(自分たち席の後ろにあった照明スタンドに組まれた足場が倒れたら死ぬなーと冗談抜きで思ってました)。

地震の後はしばらくサッカーに集中できなかったんですがそんな中ルーコンが決めてくれて、その後はまたサッカーを堪能する事ができました。
しかし本当に日常なんて簡単に壊れてしまうんだって事を改めて感じました。

以下試合雑感
・羽生さんは改めていい位置にいるんだなと思った。
・ナオの動きがやっぱりすごくいい。
・守備はワンツーとかでスイッチプレイみたいな事されたら簡単にマークはずれててひやひやした。
・セザーは契約更新されるのかなぁ。。。
・京都の久保。決めるなぁ。
・パスサッカーか観てて楽しいけれど一歩間違えるgdgdになるね。
・東京優勝!東京優勝!万歳万歳。
・こりゃ新年早々縁起がええわいええわい!
・わーいわーい!

というわけでFC東京クラブ史上初の決勝戦はそのままFC東京史上初の天皇杯優勝の日となりました。
今年はいい一年の始まりになりました。

権田さんは気づかなかったようですけれど、地表にいる分にはそんなに揺れを感じなかったのかな?
【東京】権田、地震全く気づかず/天皇杯 ニッカンスポーツ
http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp1-20120101-884040.html


撮影場所
東京・国立競技場(12年1月1日 元旦)
撮影場所
iPhone4s

スポンサーサイト
【2012/01/02 00:16】 蹴球 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
このページの先頭へ
初めてのJ2観戦

×RIMG2570



先日の土曜日に開幕したJリーグ。今年も開幕試合に行ってきました。
試合はもちろんFC東京。
昨シーズンは文句の言いようのない形で降格してしまったために、今シーズンはJ2での開幕となりました。
まさかこんな形で自分が初J2の試合観戦をする事のなるとは思いもしませんでした。
というわけで初めて拝見しますはサガン鳥栖。選手もほとんど知りませんでした(あまり詳しくなくてすみません)。

とはいえ天気もよく(ちょっと日差しがきつくて日焼けしちゃいましたけれど)ビール飲みながらのスポーツ観戦はやっぱり楽しいなと思いました。
肝心の試合内容は。。。
立ち上がりから前半は、両チームとも浮き足立っていて、主導権を握りきれない印象を持ちました。
個々の能力では東京の選手の方が上だなと感じましたが、それもあってか東京の方がボールを持っている時間が多かったけれど、ゴールの匂い、気配はあまり感じず、なんだか攻めあぐねているように見えました。鳥栖は鳥栖であまり冴えない感じだったのですが、結果的にカウンターサッカーみたいになったのを生かして2、3回いい形を作ってました。
今回は僕よりもサッカーを知っているカンノさんと一緒に見ていたのですが、前半終わった時点で「東京は相変わらずシュートが少なくて(まあこの試合では鳥栖も)形が作れてない感じがするけれど」と尋ねてみたら、
「前線がサイドに動いたりして相手DFをかき乱してないから、スペースができないんだと思う。ここまでトップが動かないのを見ていると、多分監督の指示なのでは。狙いはわからないけれどとにかくうまくいってない感じ。」
と話してくれていたのですが、後半、今日はあまりよくなかった中村北斗からロベルトセザーに変えてから東京がいい形になってきていると思ったら、平山も結構サイドに開いたりしていて、なるほどカンノさんの言う通りだなーと思いました。ってなわけで、またサッカーの詳しい人と見に行きたいと思いましたのでカンノさんぜひまたよろしくお願いいたします。

以下雑感
・チームとしてまだまだ連携が足りない感じ。これは選手が結構怪我しているからかも。
・阿部ごりごり行っていてよかった。でも昨シーズン椋原頑張っていたのになともちょっと思う。
・高橋のボランチ。いる場所はよかったんじゃないですか。パスがちょっと甘いような。
・今シーズンは内容がどうあれ結果が大事なので勝てたのはよかった!
・でももう少し面白い試合みたい!(このメンバーならもっと面白くできると思うのだけど)
・今の時点ではJ2を圧倒してJ1へはちょっと難しいんじゃないかなと感じました。(でも昇格してねお願いしますよ)

・ナオ結婚おめでとう!
・長友初ゴールおめでとう!

大体そんな感じ。
というわけで今年も文句をぶーぶーいいながらも
できる限り応援に行きたいと思います。



撮影場所
東京・中野・新井薬師(11年3月)
使用カメラ
GX8
【2011/03/08 21:02】 蹴球 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
今日の3つ

×RIMG2106



こんにちは。今日井の頭公園を走りながら思いましたがもう梅雨明けしましたよね?
さてはて、今日の三つ。

1.本棚を作ったよ(相方が)。

×RIMG2098



まず周りをボンドと釘で止めて

×RIMG2100



間の仕切りも同様にボンドと釘で止めて
最後は外にちょっとだしてやすりをかけて、背中を少し補強して完成(ちなみに我が家の作業場は台所です)

×RIMG2103



ちなみに早速棚の中はぎゅうぎゅうです。

2.今日のドリンコ

×RIMG2105



サイダーも遂にここまできたかと感じさせる。ドリアンサイダー(しかも無果汁)飲みました。
臭いがかなり独特で再現性も比較的高いですが味はまぁサイダーです。
しかしながらゲップをするたびにやや不快なにおいが喉の奥からこみ上げてくるのには参りました。
このサイダーをくれた人に感想を送ったのですが返事は今のところありません。

3.味スタに行ったよ。

というわけで行ってきました中断空けのJリーグ。
FC東京VSヴィッセル神戸

以下雑感
■よかった点。
・リカルジーニョの動きがとてもいい。
・大竹が攻撃に守備に献身的だった。
・大黒やはりいい選手。でも髪の色似合ってないよぅ。。。

■不思議な点
・本職SBの選手がボランチで長友が抜けた穴を松下がやっていたこと。徳永はいい選手だがそこまでボランチで起用することに固執する必要あるのかな?(松下ボランチじゃダメなの?)
・控えに、平山、石川とかいたりして気づくと選手層がすごく厚くなってますねこのチーム。(なのにこの順位なのか)

■よくなかった点
・森重のプレーが粗すぎる。ひどい。うまいんだけどそういう粗さと、ファールの多さがいつも気にかかる。
・平山が悪いというより、平山が交代されてきた時間くらいから、攻める?守りに入って逃げ切る?が完全にばらばらになってしまっていた様に感じた。でも平山は平山でこんなんじゃ大黒からスタメン奪取は難しいのではと思うようなプレーではあったな。。。
・選手交代と展開が全然合ってなかった様に思う。
・神戸は後半修正してきたというのもあるのだろうけれど、東京の自滅という感じもすごくした。

■ショックなこと
・ビールのマイカップ持参による割引がなくなっていること!


■そのほか
長友お元気で!
大きくなって帰ってきてね!


撮影場所
東京・調布市・味の素スタジアム(10年7月) 1枚目
東京・自宅(10年7月)2枚目以降
【2010/07/18 01:33】 蹴球 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
このページの先頭へ
味スタなう!(その2)

×RIMG1816



というわけで二日連続で味スタに行っておりました。
といっても今日の味スタはいつもと一味違います。
なんとフィールドに降り立つことができたのです!
その証拠の写真が今日の画像。
といってもピッチには入れなかったんですけれどね。。。
というのも今日はフットサルの大会に参加してきてそれがピッチ脇のゾーンで開催されていたのです。
こんな感じ
普段からピッチ脇の無駄なスペースがあまり好きじゃなかったので(あんなもん取っ払ってその分席をピッチに近くして欲しい)、正直複雑な気持ちもあるんですが、とはいえいつもは上から見ていたフィールドに自分が同じ目線で立っていることに気分が高揚したのも事実ではありんす。

肝心のフットサルの方は、パスとか動き方とかもろもろまだまだへたくそだなぁと感じる一日でした。
あとちょっとばてるのが早くなったなぁとも。


撮影場所
東京・調布・味の素スタジアム(10年4月)
使用カメラ
GX8
【2010/04/11 21:32】 蹴球 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
味スタなう!

×RIMG1812



ようやく今シーズンも観戦に行くことができました。
先日の某国の代表が本当にどうしようもない試合をしていたので楽しい試合を見たいなと思って行ったのですが、そういう意味ではもう一歩という感じでした。
(とはいえコチラの方が全然面白かったですけれど)
東京もしかし決定力に欠けるなと感じました。今日の一点もPKのみですし。。。。
(就任3年の監督なのに、この時期は毎年どうにもチームの形をつくりきれていないなという印象を受けます。うーむ。あっでも代表にとられてしまっているからかも?)。

以下雑感
・チームの連動がまだ精度が低いという感じ。
・とはいえそれは鹿島もそう大差ないなという感じ。
・謎のブラジル人リカルジーニョをはじめて見ましたが守備も結構献身的で面白そうだなと感じる選手でした。
・徳永は対人強いなぁー。
・ヨングンもなかなかいい選手かと。
・いろいろいい選手がいるなぁと思うのにそれだけに形がいまいちなのがすごく残念。





撮影場所
東京・調布・味の素スタジアム(10年4月)
使用カメラ
GX8


【2010/04/10 23:30】 蹴球 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
ナビスコFINAL

×RIMG1112



なんとも面白い試合だった!

というのが正直な感想です。
米本のミドルシュートが今でも目に焼きついています。
あれで流れが本当に決まったなという感じでした。

にしても今日は枠になぜか入らない感じのフロンターレでしたけれど層の厚い攻撃はさすがです。
結果として2-0で東京の勝利となりましたが、本当に気の抜けない90分だったと思います。
それは選手もわかっていたようでほとんど集中が切れているなーとか散漫なプレーだなーと感じる時間はありませんでした。
東京はそういう意味ではきちんとフロンターレの攻撃を抑えていたなと感じました。
とはいえ東京は良くも悪くもサリさんのベンチ入りや、ベンチにいたフジさんを出すということはできず、まだまだクラブとしては余裕はないんだなとも思いました。
(このこと残念と思う気持ちはあってもで批判をする気は全くありませんけどね)
ナオがトウチュウで、この決勝戦は確かに特別なものだけど、でもココに来ることが当たり前と思うようなチームにになってこそ、このクラブの成長だと思うというようなことを述べていて、それはプレイヤーの意気込みとしては、とても正しいと思うけれど、僕としては勝っても負けても本当に楽しいワクワクするようなサッカーをしてくれれば満足なんだよなぁとも思いました。


とにかく今日はめっちゃめでたい!

撮影場所
東京・千駄ヶ谷・国立競技場(09年11月)
使用カメラ
GX8


【2009/11/03 22:02】 蹴球 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
このページの先頭へ
いざ国立へ

×RIMG0998



ついに東京がナビスコの決勝まで来た!
といってもこれが初のタイトルマッチではなくて、過去に一回ナビスコ杯は取っているけどね。

今回のナビスコ杯はナオは怪我で確実に出れないし、長友も右肩脱臼で出場が微妙らしいし(でも僕の予想では多分先発)。
相手は今シーズンなぜか相性のよくないフロンターレ。これはなんとしても借りを返さなければならない!
と、今の状況を考えるだけでも盛り上がってくるものがあるのだけど、今年は二人のミスター東京のことを考えると、そういったことが実はあまりたいしたことではないんじゃないと思うくらいく盛り上がってきてしまいます。
二人のミスター東京のこととは言わずもがなではありますが、サリさんの引退表明。そしてフジさんの今シーズン限りでの退団。長年にわたって東京を支えて続けてくれた両選手の最後の東京での選手生活にこのタイトル獲得という華を添えて欲しい。

そしてその姿をピッチで見たい!
そんなこんなで明日は国立にてこの大一番をしかと見届けてこようと思います。




撮影場所
東京・上野・国立科学博物館(09年10月)
使用カメラ
GX8






【2009/11/03 02:32】 蹴球 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
| BLOG TOP | 次のページ>>

最近読んだ本36


木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか




森山中教習所 (ビッグコミックス)




大長編ドラえもん (Vol.13) (てんとう虫コミックス)




大長編ドラえもん (Vol.12) (てんとう虫コミックス)




中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史




Father




大長編ドラえもん (Vol.10) (てんとう虫コミックス)




大長編ドラえもん (Vol.14) (てんとう虫コミックス)




大長編ドラえもん (Vol.15) (てんとう虫コミックス)




大長編ドラえもん (Vol.16) (てんとう虫コミックス)




のぼうの城




潮風に流れる歌 (徳間書店)




悪人




ヨルムンガンド 11 (サンデーGXコミックス)




雨無村役場産業課兼観光係 1 (フラワーコミックス)




昭和元禄落語心中(4) (KCx ITAN)




赦す人






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。