真説・妄言流語
写真を撮って、文章を書いて、好きなことをのんびりと。 写真につきましては禁無断転載でお願いします。
いつでも里親募集中
PROFILE
Nenoved
  • Nenoved
  • 所属:アトリエムナサワギ
    どっこい生きてるシャツの中
  • RSS1.0
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ARCHIVES
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
SEARCH
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
謹賀新年

_IGP5144.jpg



明けましておめでとうございます。
最近こちらの更新はすっかりおざなりになってしまっていますが、今年もこんな調子でだらだら続けてこうと思います。

今年の抱負は「ご飯をゆっくり食べる」です。
あとは今まで溜め込んでいた方が多かったので、外に出すという事を出来ていけたらいいなと思っています。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
あとなんかいい仕事とかあったら紹介してくださいw


撮影場所
和歌山・雑賀崎(12年12月)
使用カメラ
K−5 DA21
スポンサーサイト
【2013/01/05 13:51】 日々 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
学ぶ意欲

_IGP4494.jpg



どうもこんにちは。相変わらずメルボルンで一人だらだらと過ごしているNenovedです。メルボルンは思ったより暖かくありません。というか晴れの日とそれ以外の日、朝夜と昼間のそれぞれの気温の差が尋常がありません。オーストラリアも広いのねと感じる次第でございます。

さてはて、マラソンも終わって一体何をして日々を過ごしているのかも良くわからなくなってきていますが、それなりにMOTO GPを観に行ったり、海を観に行ったり、ビール飲んだりして過ごしています。

さて、そんな折に大学時代の友人に誘われてその友人が講師(同時に卒業生でもある)とある美術系の大学の卒業制作展のオープニングパーティにお邪魔させていただきました。
大学の卒業制作展なだけあって会場には学生ぽい人たちや僕の友人のような卒業生や講師のみならず生徒の家族らしき人たちも沢山いらして、大変なにぎわいでした。
なお、卒業制作にて優秀な作品を制作した人たちには何やら賞が贈られるようなのですが、その優秀賞の発表もこのオープニングセレモニーの場で行われてました。
英語がようわからん僕には正直誰がどういう賞を貰っていたのが全然わからなかったのですがそれなりの人数の方が受賞対象となっておりました。

そこで正直驚いたのですが、その受賞者の学生の皆さんが学生じゃなかったのです。
って何言っているんでしょうか?みたいな文章になってしまいましたが、正確に書きますと、自分が学生かなーと思っていた人たちが実は学生の家族で親御さんかなーと思っていた人や先生かなと思っていた人達もまた学生だったりしたのです。
もちろん中には年相応な印象の方もいらしたのですが、本当に年齢がバラバラで40代、50代位の方までいらっしゃいました。
後で友人に聞いた所ここメルボルンでは一旦働き出てから仕事を辞めてまた学生になる人とか珍しくないようで70代の生徒などもいるという事でした。
またこれは街中にいても感じた事ですが、年齢だけじゃなくて人種もまた多種多様で(それが必ずしも混じり合っている訳ではないのだけれど)国際都市というのはこういう事をいうのかな、多様化というのはこういう事を言うのかなと感じさせるパーティでした。
色々な国からのみならず、様々な年代の人たちが学ぶ意欲を持ち続けて、またそれを許容する場があるというのは素晴らしい事だなと、その場のエネルギーを感じながら思いました。
(とはいえ海外からの学生にとってはメルボルンは決して物価、学費が安い訳ではないので年配の方はやはりこちらの方がほとんどだったように思いました)

最近、自分の集中力低下が著しくなっているな、なんて言い訳をしながら何もしていない自分もこの人たちを見習わないとと思った夜でした。

撮影場所
Victorian Artists Society・Melbourne・オーストラリア(12年11月)
使用カメラ
K−5 DA21



【2012/11/16 22:12】 日々 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
メルボルン滞在雑感

_IGP3881.jpg



どうもこんにちは。一部界隈では「実はおめえ日本に入るんじゃネイノー?」なんて言われておりますが
断固メルボルンにいるNenovedです。
気づけばメルボルンに来てからそろそろ1ヶ月になります。
はやいなぁ。もうそんなに経つのか。
学校が始まってからは観光というよりもなんだか生活にシフトしている気がします。
一応、金曜のお昼だけは外食が続いていますけれど(金曜日は学校が早く終わるのです)。
基本的にお昼のお弁当(サンドイッチとか前の日の夕飯の残り物とか)も含めて3食自炊の毎日です。
先日、こちらで日本米に近いものを買いましたが買う前に「おいしくないよ」とさんざん言われていたので、覚悟していた分思ったよりおいしかったです。グルメに生まれなくて本当によかった。
なので気づくとスーパーによく行っているような気がします。
まだまだ色々と未知なものがありすぎてよくわかりませんが、その分もあってスーパー楽しいです。

それにしても毎日30分くらいの時間をかけて中心部まで行って学校行って終わったら少しぶらぶらしつつもスーパー寄ってビニール袋片手に帰宅する毎日って日本にいたときとあまり変わらないような気がする。

あとこっちきて生ビールを飲む機会が減ったせいか「生ビール」って本当にうまいんだなと痛感してます。
(外食全然してないのもありますけれど、こちらはパブとか以外では瓶で提供されるのが割と普通です。)
生のウマさはひとしおです。みんな本当に生ビールのおいしさを噛み締めた方がいいよw



撮影場所
South Yarra・Melbourne・オーストラリア(12年9月)
使用カメラ
K−5 DA21
【2012/10/05 20:23】 日々 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
メルボルン雑感

_IGP3858.jpg



メルボルン滞在もようやく2週間が経ち、少し慣れてきた部分も出てきました。
基本的にこの街の人たちは親切で、フレンドリーです。
そういえば今日の夕方に近所の公園で高校生ぽいグループがF××K、F××Kいいながら別のグループと諍いを起こしてました。ちびっ子達は元気ですね。
そんな中、今週から英語の学校が始まりました。
小さい学校を選んだので(そして安い所)生徒は7人とかそのくらい。その代わり中級、上級クラスが一纏めみたいな感じなので、時々物足りないような気もしたりしますが、いざ自分が何かを話そうとすれば、はっきりいって大差ないレベルなのでちょうどいいのかもしれません。
昔はもっとスムーズに話せていた様な気もしますが、元々こんなもんだったかもなとも思えてきました。過去は美化されるものですし。ちなみに生徒の国籍は韓国、イタリア、日本、パキスタン、中国、香港とかなのですがみんな来たり、来なかったりなので他にも誰かいるのかもしれませんし、実際はもっと多いクラスなのかも知れません。そこら辺は地味に謎です。
国籍と言えば今住んでいるシェアハウスにはベトナム人カップルとオージーと日本人がいます。昨日ネズミが出たと一騒ぎがありましたが、まぁボロくて、結構食べ物出しっ放しとかざらなので無理からぬ事かと思います。これからの暖かくなればきっとGもでるんだろうな。とはいえ今の所、気楽でそれなりに快適です。

気候は一日の寒暖の差が大きく、また日ごとに5度くらいは違っているのは当たり前だったり、にわか雨がしょっちゅう降ったり、太陽光が強かったりしていて正直難儀している所もありますけれど、それでも概ね快適です。
寝苦しいとかもないし。時差もあまりないし。とはいえ来月からサマータイムで一時間早まるみたいなのでちょっと大変かも。ちなみにメルボルンマラソンは7時スタートなんだけど日本時間にすると5時。。。おいらちゃんと起きれるんかいな。
そんなサマータイム期間まで後少しのメルボルンですがまだ寒い日も多くて、こっちきて購入したアウターが大活躍でどうにかなってます。
そうなんです。かなり気候を舐めてて、こちらで買わないといけない事態になってました。あはは。基本的に何でもそろう国でよかったです。ちなみに買ったのはKathmanduというブランドのアウター(こんなん)です。山登りにも使うつもりで買いました。Fitzroyというエリアのはずれの方になんだかアウトレットのお店がいくつかあってその中の一つで買いました。
でも僕が行く前の週とか最初の週とかでも最高気温25度の日とかあったんですよ。でもその翌日が最高気温15度とか。。。
そろそろ春が来て暖かい日々が始まるはず。(渇望)

あと旧英国領だけあって、パブ文化がある様子。こちらでPUBではなくてHOTELと表記されてます。
ビール好きなんですが、全然行けてません。
というのも、物価も安い訳でもないのに、一人で街に飲みにいってもしょうがないかなーと夕飯は基本的に家で適当に作ってオーストラリアワインを飲みながら食べてます。
オーストラリアのワイン、安いのでもウマいです。かなりいいです。
ちなみに、夕飯も一人分なのもあって、パスタがリゾットかみたいな感じです。あまりレパートリーはありません。
とはいえ少しずつ学校の人ととかとも仲良くなり始めたりしているのでそのうちパブにも行けたらなと思ってます。その際にはネルーにならないようにしないとですね。

しかし今日の夕飯何作ろうかな。


撮影場所
Melbourne・city・オーストラリア(12年9月)
使用カメラ
K−5 DA21

街の写真撮るの苦戦中です。なかなか面白い発見をできません。
【2012/09/22 18:38】 日々 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
メルボルンに来ています

_IGP3815.jpg



メルボルンからこんにちは。
皆さんお元気ですか?日本はまだまだ残暑がきついのではないかと思います。
こちらはなんだか朝と夜がどえりゃー寒いです。でも日中は結構暑いんです。
一日の寒暖の差が一つの季節分くらいあるんじゃないかと思うくらいです。
雨がよく降るんですけれどなんだか中途半端な感じなので、傘よりもレインコートの方がいい感じです。
治安はとても良いようで、夜とか歩いててもあまり問題ありません。
もちろん場所にもよるんでしょうけれど。
また物価は残念ながら日本と同じかちょっと高いくらいです。
無職にはキツイゼ。

それにしてもなんでメルボルンにいるかというと、実際の所そこまで意味はないかもです。
色々あって7月末に10年以上勤めた会社を退職して、8月はちょっとお盆の手伝いとかあったので
9月からどこかにちょっと行ってこようかなと思っていたら、メルボルンマラソンが10月に開催される事がわかったのでこりゃちょうどええなと思ったのと、以前よりNさんが「一度遊びに来い来い」とお誘いいただいたのもあって
メルボルンにした次第です。
メルボルンに来てから1週間が経ちまして、昨日からようやくシェアハウスを見つけて住む事になりました。
(その一週間の内にもなぜか座禅に参加したり、自分の宗派についての説明をする事になったりとか色々あったんですけどね)
住んでいる所は街の中心部からは幾分離れているのですが、川沿いに整備された道があったり、公園も多くなんだかとても快適そうです。少し離れた所には大きいショッピングセンターもあるし。なんでもこのショッピングセンターは南半球一の大きさだそうですけれど、真偽のほどはわかりません。

明日から英語の学校に通うことになり、また生活が変わりそうですが、3ヶ月弱のメルボルン生活を
楽しもうと思います。
またメルボルンでの事で何かあったらここに買いて行こうかなと思っていますが
最近すっかり書く事から遠ざかっているのでどうなることやら。。。。
とりあえずリハビリがてらの今回のエントリーはここら辺でおしまい。
またねー。

撮影場所
Fitzroy・melbourne・オーストラリア(12年9月)
使用カメラ
K−5 DA21



【2012/09/16 20:36】 日々 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6)
このページの先頭へ
33
霜

今日からゾロ目なんです。



撮影場所
東京・昭島市(12年1月)
使用カメラ
iPhone4s
【2012/01/21 08:46】 日々 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
このページの先頭へ
坊主になるんだなぁ。
untitled

どうも今日は。たいやきはしっぽから食べるNenovedです。
大雨だったり、相変わらず地震が起きたりしていますが皆さんお変わりないでしょうか?

さてはて明日から8月になってしまいますが、8月はちょっくら寺に籠ってくる事になってきました。
いやはやまさか自分が(一時的にせよ)坊主頭になるとは思いもしませんでした。
今後どうしていくかはまた寺から帰ってきてから考えたいと思いますが、とりあえずあまりない経験をしてきます。(今の仕事本当に興味がないから、今回そこまでいやじゃなかったらこれを機に辞めちゃってもいいよなぁ。)
ちなみに寺に籠っている間(2週間ほど)外界とは連絡取れなくなるんですって!

多分行く前にいったん坊主になるので(あと寺から帰ってくる時も)、時間があったらtwitterにあげようかなとか思ってますのでお楽しみにー。(とかいってあげられなかったらすみませぬ。)

撮影場所
山梨・大菩薩峠(11年7月)
使用カメラ
K-5 35mm
【2011/07/31 10:52】 日々 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
| BLOG TOP | 次のページ>>

最近読んだ本36


木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか




森山中教習所 (ビッグコミックス)




大長編ドラえもん (Vol.13) (てんとう虫コミックス)




大長編ドラえもん (Vol.12) (てんとう虫コミックス)




中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史




Father




大長編ドラえもん (Vol.10) (てんとう虫コミックス)




大長編ドラえもん (Vol.14) (てんとう虫コミックス)




大長編ドラえもん (Vol.15) (てんとう虫コミックス)




大長編ドラえもん (Vol.16) (てんとう虫コミックス)




のぼうの城




潮風に流れる歌 (徳間書店)




悪人




ヨルムンガンド 11 (サンデーGXコミックス)




雨無村役場産業課兼観光係 1 (フラワーコミックス)




昭和元禄落語心中(4) (KCx ITAN)




赦す人






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。