真説・妄言流語
写真を撮って、文章を書いて、好きなことをのんびりと。 写真につきましては禁無断転載でお願いします。
いつでも里親募集中
PROFILE
Nenoved
  • Nenoved
  • 所属:アトリエムナサワギ
    どっこい生きてるシャツの中
  • RSS1.0
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ARCHIVES
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
SEARCH
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
14年
#vsco #vscocam #wakayama #clouds #twilight #雲 #黄昏 #和歌山 #sky #空


死ぬな、殺すな、襲うな


撮影場所
和歌山県・和歌山市(16年8月)
使用カメラ
iPhone6s
スポンサーサイト
【2016/08/24 09:34】 つらつらと | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
13年

死ぬな、殺すな、襲うな

【2015/08/24 17:05】 つらつらと | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
4年経ってあの日を振り返る。
あの日から4年が経ちました。
まだ4年なのか、もう4年なのかそれは人ぞれぞれだと思います。

関西にいて20年が経った阪神大震災。
こちらでもその爪痕の大きさの話は今でも聞きます。
この震災があったからこそ、東日本大震災の被害はこのくらいで済んだのかもしれないとも
思うことが多いです。
それでもあれだけの規模があった災害ということに改めて愕然とします。

試みに4年前のその日のことを思い出そうと試みたら、容易に思い出すまでもなく
湧き出てきました。

あの日、その時僕は当時の勤務先にいました。
一番最初に地震が起きた時は、よく起きる地震かと「あっ地震だ。大きいな」なんて呑気に構えてました。
しかしその数秒後、その力はグワングワンととんでもない力を持ち
そのような中でデーターをロストしないように職場のPCをシャットダウンしました。

地震の規模が全くわからない中、テレビやTwitterなどで情報収集をしていました。
(当時の職場は多くのサイトが制限されていたのですが、なぜかTwitter見ることができました)
当然、ツマと両親に電話もしたのですが混線していて全く役に立ちませんでした。

その中でtwitterで多くの人と連絡が取れたのは本当にありがたかったです。

しかしながらその日はJRが完全に止まってしまい、青梅線沿線で代替路線もない状況に
陥ってしまいました。

どうしようかと思っている最中窓の外では民間旅客機が何機も何機も
横田基地に着陸を試みていました。

今まで横田基地に旅客機が着陸なんて風景を見たことがなかったので
この災害は尋常ならざる規模の災害だと恐怖したのを覚えています。

なんとしても家に帰ってツマが大丈夫なのか、また家も無事なのか
確認したいと強く思いました。

この時もまたTwitterで連絡がとれた比較的近くに住んでいた友人が車を出してくれることになりました。
あの時のことは今でも心のそこから感謝しています。

その人を待つ間、待ち合わせの駅で、おそらくこの日は卒業式だったのか
袴すたがの女性は駅の連絡橋のところで途方に暮れた顔でさめざめと泣いていました。

せっかくの祝いの日がこんなことになってしまいと気の毒に思ったの
覚えています。

友人は想定よりも2時間くらい遅れてきて到着しました。
道がすごく混んでいたそうで、多くの人が安否が心配で、迎えに行ったり
迎えをまったりしていたことを感じさせました。

僕は車に入って暖まることができてホッと一安心したのですが
道中はずっと渋滞で、友人に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

そんなとき友人の車に内蔵されていたテレビでは気仙沼が
火の海になっている中継映像が飛び込んできました。

僕はその時恐怖しました。
その映像を見た瞬間涙が溢れて止まらなくなりました。

結局帰宅できたのは日付が変わるか、変わらないかという時間でした。
僕を送ってくれた後友人はまた時間をかけて帰って行ったと思うと
申し訳なく思ったのをよく覚えています。

その翌日の家の最寄りである三鷹駅の人の溢れ具合や
安否がわからない友人の名前をひたすらgoogle pserson finderで検索してた数日

あの日を考えると無事でよかったという喜びと、恐怖。不安。
悲しみ、悔しさ、様々な感情と思いがあふれ出して止まらなくて、
今でも改めて整理がついていないことを実感しています。


当時よく見ていたサイト。あの日から更新は一切ないけれど今日もコメントが付いていました。
http://blog.livedoor.jp/tako_kora/archives/1613196.html#comments






【2015/03/11 23:55】 つらつらと | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
12年

_IGP6754.jpg



死ぬな、殺すな、襲うな




撮影場所
大阪・万博記念公園 太陽の塔(14年3月)
使用カメラ
K-5 DA21mm
【2014/08/24 13:38】 つらつらと | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
11年

IMG_0986.jpg



死ぬな、殺すな、襲うな




撮影場所
大阪・長居スタジアム(2013年9月)
使用カメラ
iPhone4s

【2013/08/24 23:45】 つらつらと | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
10年
三鷹


死ぬな。殺すな。襲うな。





撮影場所
東京・武蔵野市(12年8月)
使用カメラ
iPhone 4s
【2012/08/24 16:23】 つらつらと | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
想像力の限界あるいはアンテナの向きのお話


今回これから書くことは困ったことにまだ全然まとまっていないし、何を言いたいのだ?という話にもなると思う。もしかしたらただの文句にしか聞こえないかもしれない。けれど引っかかったことはそういう単純な注意ということではないんだと感じたのでちょっと出たとこ勝負で書いてみようと思う。

今日走っていた時の話。
今日夕方に自主的に井の頭公園の付近を走っていたのだけど終盤に井の頭公園の西側にある400Mトラックにたどり着いた。
そしたらそこにはいつもとちょっと違う感じがしたので何かな?と思ったら反原発デモの人たちがいた。
おそらくデモが終わって解散直前といった感じだった。
僕もデモこそしないけれど原発は今の状況ではとても無理だろ思う方なので、立場としては近しいものを感じてはいる。だからトラックの内側のそういう人たちが何かをしている事も特に問題ないし、人がトラックをのんびり横切ったってまぁ仕方ないかな位だった。
もちろんトラックではそこまで多くはないものの、ジョギングにいそしむ人がいつものようにいた。
そんな中、トラック内側にいた男一人がわざわざトラックサイドに近づいてタバコ吸い出しはじめた。
原発に対する事は想像できて、トラックサイドに近づいてきたのもおそらく、デモ参加者にタバコの煙がいかないようにとのことだと思ったのだが、トラックではランナーが当たり前に走っている訳です。だってそこは400Mトラックつまり陸上競技場なわけですから。
そもそも走っている人がタバコの煙を吸いたいと思うのでしょうか?その人はタバコの煙が人に迷惑をかけるものだと思っていて、だからこそ集団から少し離れた所にいったわけなのに、どうしてその事に気づかないのだろう?と愕然として、「さすがにここでは走っている人もいるのでたばこはやめてもらえませんか?」とお願いしたのだが、その人は相当目を白黒させてました。
はじめはなんて想像力のない人だろうと思ってたのだが、ふと思ったのです。彼がもし普段から別に走る人でもなんでもなければ、このトラックもただの広場という認識しかなければ、周りで走っている人も別に自分に関係のない人だし、たまたまこの広場で走っているだけだと思っていたすぎなかったのかもと。
うまく言えているかわからないけれど、この人に限らず自分だって「そうであると認識できていないもの」に対しては想像する事すら難しいのではないかと思い至ったのです。またデモという色々な人が集まる場に参加するような人でさえも、一旦そこにコミュニティーができてしまうと、どこか閉じはじめてしまい、デモの集団がいる外側で走っている人たちには特に気を配る事ができなかったという出来事に、そこにはちょっとした想像力の限界とでもいうものがあるのかもしれないと思った。
もちろんこれは「その人がたまたまそうだっただけ」とか「自分は違うよ」とか言える人もたくさんいると思う。
でも逆にそれは「その人だけがそうだった」という訳ではないと思うし、自分が見えているものついてはともかくとして「そうであると認識できていないもの」と自分との関わりが直接的にないものについてどこまで想像する事ができるのか?どかおまで考える事ができるかとも言えるのかもしれないけれど、これはなかなか難しい事じゃないかと考えさせられた出来事でした。



撮影場所
東京・自宅(12年3月)
使用カメラ
iPhone4S


【2012/03/04 23:10】 つらつらと | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
このページの先頭へ
| BLOG TOP | 次のページ>>

最近読んだ本36


木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか




森山中教習所 (ビッグコミックス)




大長編ドラえもん (Vol.13) (てんとう虫コミックス)




大長編ドラえもん (Vol.12) (てんとう虫コミックス)




中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史




Father




大長編ドラえもん (Vol.10) (てんとう虫コミックス)




大長編ドラえもん (Vol.14) (てんとう虫コミックス)




大長編ドラえもん (Vol.15) (てんとう虫コミックス)




大長編ドラえもん (Vol.16) (てんとう虫コミックス)




のぼうの城




潮風に流れる歌 (徳間書店)




悪人




ヨルムンガンド 11 (サンデーGXコミックス)




雨無村役場産業課兼観光係 1 (フラワーコミックス)




昭和元禄落語心中(4) (KCx ITAN)




赦す人






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。