真説・妄言流語
写真を撮って、文章を書いて、好きなことをのんびりと。 写真につきましては禁無断転載でお願いします。
いつでも里親募集中
PROFILE
Nenoved
  • Nenoved
  • 所属:アトリエムナサワギ
    どっこい生きてるシャツの中
  • RSS1.0
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ARCHIVES
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
SEARCH
RECENT TRACKBACKS
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
梅干しできた。
Ume boshi

今年も梅酒を仕込んでましたが、実はほぼ同時期に梅干しも仕込んでおりました。
先日梅雨明したのでこの週末と今日日光に当てて干しておりました。

ちなみに漬けていた状態から引き上げて干す前がこんな感じ。

in the way to Ume boshi

一ヶ月ほど塩漬けしていた際に汁が出るのだけど、これは梅酢となっていて、炭酸水混ぜて飲むととてもおいしいので別途容器に入れて冷蔵庫で保存(クエン酸も豊富。夏バテ予防におすすめ)。
梅酒はまだだけど、今年も梅干し楽しみでゴンス。


撮影場所
東京・武蔵野・自宅(11年7月)
使用カメラ
K-5 35mm
スポンサーサイト
【2011/07/11 20:09】 ムナサワギ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
今年も仕込みました。

Homemade Umeshu



どうもこんにちは。体調はそこまでで悪い訳ではないのですが、どんどんどどんと声が出ないで皆から笑われているNenovedです。皆さん風邪などひいたりしてないでしょうか?
さてはて昨年に続いて今年も和歌山の義母の実家の梅で梅酒を仕込んでみました。

手順はそんなに難しい事はなく
用意するものも

梅 2K(へたを取っておくのがポイント)
氷砂糖 1K
ホワイトリカー 1.5L(1.8Lはいりきらなかった)

梅は一応よく洗って腐っているものは除いていく
へたは取っておく事。
ビンに仕込む際には梅、氷砂糖と交互にいれていく。
ビンに仕込む前に一応念のためにホワイトリカーで瓶と梅を
洗い(ゆすぎ)アルコール消毒をしておく。

とまあそんな感じです。
ちなみに三日経つと

Homemade Umeshu 3days



梅が浮いて氷砂糖が下に沈んできます。
さてはて、今年もうまくできるかな。
楽しみでゴンス。



撮影場所
三鷹・自宅(2011年6月)
使用カメラ
K-5 35mm
【2011/06/08 20:07】 ムナサワギ | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
【宣伝】「しあわせ日和」

×RIMG1510



どうもこんにちは。気づけば12月ですね。さて、うちの相方がまたイラスト展に参加することになりました。僕もどんな作品を出すのか知らないのですが(もしかしてまだ出来上がってない?!)皆さんお時間ございましたら是非見に行ってあげてください。どうぞよろしくお願いいたします。


以下詳細

□「しあわせ日和」□

□期間 12月7日(火) ~ 12月13日(月) ※日曜休
□時間 11:30 ~ 18:15(ただし最終日は17:00まで)

□場所 Bartok Gallery(バートック ギャラリー)
     東京都中央区銀座1-18-2 銀座太平ビル1階

主な交通アクセス

TM銀座線 銀座駅(A13番出口8分) 京橋駅(2番出口6分)
TM有楽町線 銀座一丁目駅(7番出口4分) 新富町駅(2番出口4分)
TM日比谷線 東銀座駅10分 八丁堀駅(A3出口8分)
都営浅草線 宝町駅 A1番出口(1分)
JR東京駅   八重洲中央口(徒歩15分) 有楽町駅(徒歩12)

MAPはコチラ
http://www.bartok-eye.com/map.html


撮影場所
東京・御茶ノ水(09年12月)
使用カメラ
GX8

【2010/12/01 19:55】 ムナサワギ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
【宣伝】「Oh!girI」

×RIMG2213



どうもこんにちは気温も天候も変動が激しくてなんだか身体が参り気味のNenovedです。皆さんはお変わりないでしょうか?
さて、10月15日(金)~20日(水)にうちの相方が原宿のギャラリーでやるイラスト展に参加することになりました。
その名も「Oh!GirI」(これで「オー!ギリ」と読みます)。「ガール」に似せているとおり女性の方によるイラスト展になっており、色々な系統の絵が楽しめるのではないかと思いますのでよかったら是非皆さん足を運んでみてください。相方にかわってどうぞよろしくお願いいたします。(僕は日曜に見に行く予定です)
ちなみにギャラリーの営業時間は12時~19時です。

詳細はコチラ
http://www.paters.co.jp/schedule/2010/20101015.html
地図とか
http://www.paters.co.jp/gallery/gallery.html


それにしても高校生の時に放課後に一人で駄洒落王選手権を開催した相方はどこまでいっても駄洒落的なものがつきまとうのだなとしみじみ思いました。

ちなみに僕の方は写真教室のイベントで16日(日)に外部の方も一応聴講可能な合評会というのに臨みます。
とはいえこちらは写真も遠く、僕もけちょんけちょんに批評されて終わるだけなのであまりおすすめはいたしませんが、こちらも興味ある物好きな方がいればどぞ。
http://anthonyblog.jugem.jp/?eid=652



撮影場所
東京・三鷹市・大沢界隈(10年9月)
使用カメラ
GX8


【2010/10/14 23:28】 ムナサワギ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
3歩進んで2歩下がる

×RIMG2077



先日、写真学校で一緒だった人と飲んだ時に「Nenovedさんは、本当に眼鏡をしてないと印象が(以下発言者爆笑のため聞き取り不能)」とまたしても自分の素顔で爆笑を勝ち取ったNenovedです。どうもこんにちは。

ところで今、写真学校では大体2週間に一回批評があるのですがそのため撮影、ネガ起こし、プリントを2週間である程度こなさないとなのですが、これが実際のところ結構大変で、毎回ひいひいしております。
そもそも写真を撮らないと批評に出す写真のネタが足りなくなるし、撮ったら撮ったでネガにするものが増えて、プリントも段々厳しくなってくるので一枚の写真に対して最低5枚くらいは試すことになるし。。。

それでも段々とうまくなってきている手ごたえみたいなものはあったのですが、先の土曜日の授業では「焼きこみをしすぎで、写真のプリントがムラになっている。」
というものでした。基本的に撮影の一番動機となっているものを明るくして、その他はなるべく焼きこむようにしていっていたのですが、それが今度は過剰になってしまったようです。
なんかうまくいったーって時は3歩でも4歩でも進んでいっている気がするのですが、そう感じるたびにその次にはガツーンと突き落とされます。
3歩進んで2歩下がるという感じの日々です。
あぁ写真もっと撮らないと。。。
そしてセキグチさんいつもありがとうございます。

撮影場所
千葉・千葉市・蘇我(10年6月)
使用カメラ
GX8


【2010/07/03 22:46】 ムナサワギ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
先日の合同批評会/春の撮影

×RIMG1830



先日今通っている学校の合同批評会がありました。
僕はプリントしているとどうしてもグレイ寄りになってしまう。つまりコントラストが弱い、眠い写真になってしまうという課題をずっと抱えていたのですが、今回出した写真でもやはりそこを指摘されてしまいました。
また講師の人に「今出している写真が楽しんで撮っているかが少し気になる」との指摘もありました。

そうなんです。ちょっと前までどういう写真がいいのか全然分からなくなっていて、フィルムカメラで写真を撮るときも「どういう写真がこの教室向きなんだろう?」「こういう写真なら大丈夫そうだな」という感じで撮っていたことが多くそこまで楽しんでいたかというとそうでもないという感じでした。
(しかもややあわただしくて暗室に行く時間もなかなか取れなかったし。。。。)

そういったもろもろも下のクラスの写真や上のクラスの写真を見ることによって(特に上のクラス)
「アーもっと自由に撮っていいんだ」とか「もっとあからさまに白!って部分を作ってもいいんだ」ということが見えたのが何よりもよかったです。まぁ前者は他の人の写真をみてというよりも自分としてなんとなく作っていたタブーをドンドンなくしていこう開き直っただけなんですけどね。
あと後者にも関係するのですがプリントはまだまだ全然上手になれる。そのためにももっと数をこなさないとだなと思いました。

以下メモ
・その場にある「生」を切り取る、盗み取る感覚。←「生」ってやっぱり大事なキーワードですね。
・写真を撮る際には調和を撮りすぎてもいけない、調和を少し崩すことで得られる
 その後の続きみたいな余韻を探る
・「元の形」からどうやって切り取るのかという意識
・(人を撮るときなど)撮りたい形へと導くための捨てカットも必要になる。
・コントラストと諧調は質感にも繫がってくる。
・空間をその場を感じる一枚という意識。

そうそう4月になってから日が伸びたおかげで写真を撮りやすくなった気がします(明るいから)。
光がないと本当に写真を撮るのは大変です。



撮影場所
東京・吉祥寺・井の頭公園(10年4月)
使用カメラ
GX8


【2010/04/20 20:19】 ムナサワギ | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
「エンシュウズ/遠州図/Enthuse」できました。

×RIMG1734



アトリエムナサワギのタカオ君が浜松に住んでいた頃、浜松の街の魅力をなかなか見つけられていないという印象を抱いてことがあります(だからいつも通うのはミスド)。
郊外型大型店舗は地方都市の風景を一変させ、同質化させてしまった。
浜松もご多分に漏れず、同質化されてしまった街なのかなと話を聞いている限りでは思いました。
けれどタカオ君は自分の足で街を歩き回り、そんな街の中でも魅力的なお店はあって、魅力的なものもちゃんとあるんだということを発見してゆきます。
浜松を去るにあたってすっかり浜松が好きになったタカオ君はその事を一冊の本にまとめようと思いました。
浜松に住み、浜松でお店をやる人のお話を聞くことで見えてくる浜松という街。
それは浜松という街への思いと願いが見えるように思いました。
それはとりもなおさず、同質化していってしまっている地方都市で暮らす人たちがどのように我が街を考え、どのようにしていきたいのかという事への生の声でもあるように思いました。

そんなガイドブックとはちょっと肌色の異なる浜松紹介本「エンシュウズ/遠州図/Enthuse」ができました。
(ひそかに表紙の写真は僕が撮影した写真だったりします)


「エンシュウズ/遠州図/Enthuse」紹介HP

http://enthuse.munasawagi.net/


撮影場所
東京・三鷹・自宅(10年3月)
使用カメラ
GX8
【2010/03/15 22:09】 ムナサワギ | TRACKBACK(0) | COMMENT(8)
このページの先頭へ
| BLOG TOP | 次のページ>>

最近読んだ本36


木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか




森山中教習所 (ビッグコミックス)




大長編ドラえもん (Vol.13) (てんとう虫コミックス)




大長編ドラえもん (Vol.12) (てんとう虫コミックス)




中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史




Father




大長編ドラえもん (Vol.10) (てんとう虫コミックス)




大長編ドラえもん (Vol.14) (てんとう虫コミックス)




大長編ドラえもん (Vol.15) (てんとう虫コミックス)




大長編ドラえもん (Vol.16) (てんとう虫コミックス)




のぼうの城




潮風に流れる歌 (徳間書店)




悪人




ヨルムンガンド 11 (サンデーGXコミックス)




雨無村役場産業課兼観光係 1 (フラワーコミックス)




昭和元禄落語心中(4) (KCx ITAN)




赦す人






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。